雨漏り修理を実施する際はまず調査を行なう必要がある

雨漏り修理工事の現地調査

住宅の屋根や壁面で雨漏りが発生した場合は調査を行ない、雨漏りが発生している場所を特定する必要があります。きちんとした方法で調査を行なっておけば、迅速に破損した部分を修理して雨漏りの再発を防ぐことが可能です。

住宅で雨漏りが発生した際には調査を依頼しますが、どのような方法で屋根や外壁の状態を調査するのでしょうか?
実際に屋根や外壁などの場所に水を流してみて、水の流れを確認することで住宅の状態を確認する散水調査を行なうのが一般的です。より詳しくトラブルの状態を調べたい場合は、発光液調査も同時に実施することがあります。
住宅で調査を実施しても、発生場所が特定されないことはあるのでしょうか?またそういった場合はどのような検査を行ないますか?
ほとんどの場合は散水調査や発光液調査で破損個所を発見できますが、万が一こうした調査方法で発見できない場合は、赤外線調査やファイバースコープを利用します。より専門的な調査を行なうことができるため、小さなトラブルも発見することが可能です。

現地調査後の修理方法

屋根工事

住宅の屋根や外壁を調査して雨漏りの原因を突き止めた後は、修理工事を実施して破損個所を直さなければなりません。修理プランには防水コーキングや屋根塗装といった施工による屋根の補修、瓦の修理や屋根材の交換といった屋根に使われている素材を交換するなどの方法があります。

コーキング剤の劣化に要注意

特に屋根部分のコーキング剤が劣化してしまうと、雨漏りが発生する確率が高くなってしまいます。屋根の防水効果をできるだけ長く維持していきたい場合は、業者に依頼を行ない定期的なコーキング処理を実施してもらいましょう。個人でコーキング処理をしてしまうと施工効果を得られないばかりか、かえって屋根の損傷や既に使われているコーキング剤の劣化が進んでしまう恐れがあります。施工する規模がある程度ある場合も、専門家に依頼したほうが良いでしょう。

TOPボタン