雨漏り修理を実施する際は自宅に適した施工プランを考えましょう

雨漏り再発防止のコツは工法選び

雨漏り修理を施す際は施工パターンを調べ、それぞれの目的に合った施工プランを考えなければいけません。

代表的な施工プラン

塗膜防水にウレタンを利用した施工
ウレタンは塗膜防水で最もよく利用されており、工程がシンプルなため手頃な金額で工事を依頼することが可能です。
ERPのガラス繊維強化プラスチックを使った施工
ERPを使った防水施工は塗膜が乾きやすく、施工を実施して数日で工事を完了させることが可能。シート工法は塩化ビニールシートを使った方法、ゴムシートを使った方法の中から自由に施工法を選択できるのが大きな特徴です。塩化ビニールシートは紫外線や熱に強い性質を持っており、ゴムシートは耐久性が高いため長期間雨漏りを防ぎたい場合に最適です。
アスファルトを液状化させて防水施工を行なうトーチ工法
高い技術力を必要としないためどの業者でも手軽に施工を実施することが可能です。常温でアスファルトを屋根へと付着させる施工法はトーチ工法又は常温工法と呼ばれており、工事中に臭いや煙が発生することはありません。

このようにそれぞれの施工によって違ったメリットが存在するので、工事を依頼する際は事前に施工の特徴をよく調べておきましょう。建物に合った施工法が知りたい場合は、専門家に相談すると安心です。

分からないときは業者に相談

業者の方に防水施工の相談を行なえば住宅の設計図などをチェックし、住宅に最も適した施工法で防水施工を施すことが可能です。こうした対応を行なっておけば施工後のメンテナンスもきちんと実施することができ、防水効果の持続期間もできるだけ長く維持することができます。工事プランを変更すれば、施工費用を安くすることができます。

TOPボタン